スタッフブログ


香川県 さぬき市 トータル健康サポート「ヘルシー幸房」

水分排泄~尿ってなんだろう?⑤尿を出そう! (金, 27 5月 2022)
健康管理士(上級指導員)・認定エステティシャン・美容整体師 ・ダイエットカウンセラー(認定講師) ・ハンドセラピーインストラクター ・セラピストの横山です。   水分排泄~尿ってなんだろう?⑤尿を出そう! 尿を出す・水分補給   尿というのは、体の老廃物を排泄したり、病気を教えてくれたりと、人間の体にとって大切な役割を果たしています。 体の中に毒をためずに健康な体でいるためにも、毎日の生活において解毒を心掛けてみましょう。   ◎水を飲む 数多くの解毒方法の中でも基本といえるのが、「水を飲む」ということです。 あらゆる代謝は水のある環境下で行われるので、水を飲むことで、代謝がスム ーズになり、細胞が解毒されていきます。 特に、尿から有害物質を排泄するためには、尿の濃度を薄く保つことが必要で、水分が不足して尿の濃度が高まると、有害物質が溶けずに体の中に残ってしまいます。 水を飲むコツは、意識してこまめに飲むということです。 目安の量は1日1~2ℓほどです。 ただし、病気で医師にかかっている場合は、水分摂取量の注意があるかもしれないので、医師に相談しなければなりません。   ◎食生活に気を付ける 食物繊維やカリウムは、便や尿を出しやすくするので、たっぷりと取りましょう。 食物繊維やカリウムが豊富な食材は、ほうれん草、トマト、りんご、にんにく、アボカド、人参、海藻類などがあります。 ただし、腎臓病の人の場合は、カリウムを取りすぎてはいけないこともあるので、注意しましょう。   食生活・水分補給・解毒       人生100年時代といわれるようになってきました。 世界的な長寿大国である日本において、 すべての人が元気に活躍し続けられる社会、 安心して暮らすことのできる社会を つくることが重要な課題であり、 そのために3つの柱である 「食事」「運動」「睡眠・休養」のすべてを バランス良く取り入れていくことが求められています。   食事・運動・睡眠・休養   あなたは「健康」について誰からアドバイスを受けたいですか? 健康管理士   健康寿命(生涯現役)を延ばす生活習慣を目指しましょう!   資料:日本成人病予防協会「ほすぴ」   お問い合わせ・ご予約は TEL:0120-967-984 メール ⇒ お問い合せ・ご予約ページ ホームページ https://www.healthykoubou.com/ 合格ヘルシー幸房合格 ・香川県さぬき市寒川町神前2266-1 ・受付時間 10:00~20:00適応障害  
>> 続きを読む

水分排泄~尿ってなんだろう?④尿は体の大切なシグナル 3 (Thu, 26 May 2022)
健康管理士(上級指導員)・認定エステティシャン・美容整体師 ・ダイエットカウンセラー(認定講師) ・ハンドセラピーインストラクター ・セラピストの横山です。   水分排泄~尿ってなんだろう?④尿は体の大切なシグナル 3 尿・血尿・老廃物   【尿の状態で病気が分かる!?】 尿は、水分の取り方、汗の量、疲れ具合などによって一時的に変化をすることはよくありますが、すぐに戻ります。 しかしながら、尿の変化が続いているときは、なにか体に異変が起こっているのかもしれません。 健康な尿の色は黄色が黄褐色で、1日平均4~7回の排尿回数といわれています。   《多尿の場合》 1日の尿量は通常1.5ℓくらいです。 3ℓを超えると尿の量が多い多尿です。 ・尿崩症 極端に尿の量が多くなったときは尿崩症が考えられます。 これは、尿がつくられるのを抑えるホルモンが不足して起こる病気です。 ・糖尿病 糖尿病の主な症状で、多飲、多尿が挙げられます。 ・慢性腎不全 尿量が1日3~4ℓになります。   《乏尿(尿の量が少ない)の場合》 1日の尿量が500mℓを下回るとき乏尿となり、尿量がほとんどゼロに近い状態を無尿といいます。 ・急性腎炎、急性腎不全 尿量が減り、むくみや血尿がみられると急性腎炎が疑われます。 ・慢性腎不全 慢性腎不全がかなり進行すると多尿から乏尿になります。 ・ネフローゼ症候群 むくみがよくみられます。尿に多くのタンパク質が出て、水分が体にたまるために尿量が減っていきます。   《こんな尿が出たら注意!》 異常な尿は、腎臓や尿路の異常を示すことになります。 特に、以下のような尿が出たらどこかに異常があるということになるので、注意しましょう。 ・タンパク尿  タンバク質が含まれている尿は、腎臓病の確かな証拠です。白か無色の泡がみられます。 腎臓の構造が乱れて、本来通してはならない血液中のタンパク質がもれて出ているからです。しかしながら、無害なタンパク尿もあるので、病院で詳しく検査をするとよいでしょう。 ・血尿 血尿は、尿に血液が混じるものです。これは腎臓病のほかにも尿路の病気が考えられます。血尿には、目で見えるものと肉眼では分からないものがありますが、含まれる赤血球の量が違うだけで、本質的には同じです。尿路のほか腎盂、尿管、膀胱、尿道などから出血している可能性があります。 ・膿尿 膿というのは、白血球が細菌と戦って、それらが死んだものによってできるので、膿尿は、細菌が含まれていることが多いです。膿が多くなると白濁した尿がみられます。このような尿は、膀胱炎、尿道炎、前立腺炎などでみられます。   ◎タンパク尿や血尿はなぜ出るの? 腎炎の原因となる細菌と、それに対してつくられた抗体が結合したものが、糸球体のろ過フィルターである基底膜に付着して炎症を起こすと、基底膜がもろくなったり、破れてしまいます。 そうなると分子の大きい血液中のタンパク質や赤血球なども、このフィルターを通過してしまいます。 そのため、尿細管ではこれらすべてを再吸収することができずに、尿中にもれ出してしまうことになります。 これが、タンパク尿や血尿です。 タンパク尿・血尿   《尿の色にも注意!》 ・赤~茶褐色 解熱・頭痛剤、下痢の薬の服用や、水分不足によって起こる。 ・黄褐色(泡立つ) 肝臓、胆のうのトラブルによって起こり、黄疸に伴ってみられる。 ・緑・黄緑色 緑膿菌の感染、ビタミンB製剤の服用でみられる。 尿の色・排尿       人生100年時代といわれるようになってきました。 世界的な長寿大国である日本において、 すべての人が元気に活躍し続けられる社会、 安心して暮らすことのできる社会を つくることが重要な課題であり、 そのために3つの柱である 「食事」「運動」「睡眠・休養」のすべてを バランス良く取り入れていくことが求められています。   食事・運動・睡眠・休養   あなたは「健康」について誰からアドバイスを受けたいですか? 健康管理士   健康寿命(生涯現役)を延ばす生活習慣を目指しましょう!   資料:日本成人病予防協会「ほすぴ」   お問い合わせ・ご予約は TEL:0120-967-984 メール ⇒ お問い合せ・ご予約ページ ホームページ https://www.healthykoubou.com/ 合格ヘルシー幸房合格 ・香川県さぬき市寒川町神前2266-1 ・受付時間 10:00~20:00適応障害  
>> 続きを読む

水分排泄~尿ってなんだろう?④尿は体の大切なシグナル 2 (Wed, 25 May 2022)
健康管理士(上級指導員)・認定エステティシャン・美容整体師 ・ダイエットカウンセラー(認定講師) ・ハンドセラピーインストラクター ・セラピストの横山です。   水分排泄~尿ってなんだろう?尿は体の大切なシグナル 2   【膀胱炎とは・・・】 急性膀胱炎は、細菌感染によって起こるもので、尿意の我慢のしすぎ、過労などが引き金となることもあります。 残尿感、頻尿、排尿痛、尿の濁り、血尿などが症状で、慢性膀胱炎は、急性から転じることが多いです。 しかし、初めから慢性的に発症することもあります。 急性膀胱炎より症状は軽いのですが、排尿時の不快感、痛み、尿の濁りが長期間にわたって起こるのが特徴です。 安静にし、水分を大量にとって尿を増やし、膀胱内の細菌を洗い流すことで、1~2週間で症状が軽くなります。   【むくみと尿の関係】 むくみは、水分が細胞と細胞のすき間にたくさんたまっている状態です。 心臓、血管、水分量を調節するホルモンのトラブルなど、さまざまな原因が挙げられますが、腎臓の働きが落ちて尿を十分に体の外に出せなくなり、細胞と細胞のすき間に、排出されるべき余分な水分や電解質などがたまってむくみを生じます。 また、タンパク質が尿と一緒に出ることも、むくみを招く原因となります。 タンパク質は、血液中から減少すると水分を血管内にとどめておけないので、皮下組織にもれ出て行ってしまうのです。 疲れや女性ホルモンなどが原因のむくみは、周期的に解消される自然なむくみなので、マッサージをしたり栄養バランスに気を付ければよいのですが、夜中にトイレに行く回数が増えたり1週間以上むくみがずっととれない場合は要注意です。 むくみには、例えば、ネフローゼ症候群などの思わぬ病気が隠れていることがあります。       人生100年時代といわれるようになってきました。 世界的な長寿大国である日本において、 すべての人が元気に活躍し続けられる社会、 安心して暮らすことのできる社会を つくることが重要な課題であり、 そのために3つの柱である 「食事」「運動」「睡眠・休養」のすべてを バランス良く取り入れていくことが求められています。   食事・運動・睡眠・休養   あなたは「健康」について誰からアドバイスを受けたいですか? 健康管理士   健康寿命(生涯現役)を延ばす生活習慣を目指しましょう!   資料:日本成人病予防協会「ほすぴ」   お問い合わせ・ご予約は TEL:0120-967-984 メール ⇒ お問い合せ・ご予約ページ ホームページ https://www.healthykoubou.com/ 合格ヘルシー幸房合格 ・香川県さぬき市寒川町神前2266-1 ・受付時間 10:00~20:00適応障害  
>> 続きを読む

水分排泄~尿ってなんだろう?④尿は体の大切なシグナル 1 (Tue, 24 May 2022)
健康管理士(上級指導員)・認定エステティシャン・美容整体師 ・ダイエットカウンセラー(認定講師) ・ハンドセラピーインストラクター ・セラピストの横山です。   水分排泄~尿ってなんだろう?尿は体の大切なシグナル 1 尿トラブル・水分   【尿に含まれている成分】 尿に含まれる成分の約90%は水分で、残りが固形成分です。 固形成分に多く含まれるものが尿素で、ほかにも塩分やクレアチニン、尿酸、さらにカリウム、アンモニア、マグネシウムなどが含まれています。 また、尿の色が黄色なのは、ウロクロームという物質によるものです。 尿の色は、腎臓にとどまっている時間が長いと濃くなり、短いと薄くなります。   【尿はどうやって出るの? 】 腎臓でつくられた尿は、尿管を通って膀胱に入ります。 膀胱は、筋肉でできた袋状の臓器で、いわば、一時的に尿をためておく貯水池といえます。 膀胱は空のときは縮んでいるのですが、尿がたまるにつれて袋状に膨らみはじめます。 膀胱の許容量は約500mℓといわれていますが、一般的に、尿が250~300mℓほどたまると、神経が刺激されて尿意をもよおすとされています。 膀胱から尿道への出口には、膀胱括約筋と尿道括約筋という2つの筋肉が取り巻き、尿をためたり、出したりの調節をしています。 膀胱括約筋と胸胱壁を覆っている排尿筋は、自律神経にコントロールされていて自分の意志で動かすことができない筋肉です。 そのため、膀胱の圧力が上がると反射的に排尿を促します。 一方の尿道括約筋は、自分の意志で動かすことのできる筋肉なので、自分でコントロールして尿を我慢することができます。 ただし、たまった尿が300~500mℓを超えると我慢ができなくなります。 ちなみに尿道は、膀胱と体外への出口をつなぐ通路です。 男性と女性で形や長さが異なり、男性はS字状に曲がっていて長さも16~20cmと長めです。 一方の女性は、真っすぐで幅も広く、長さは4~5cmしかありません。 尿道口に残った尿は、細菌の絶好の繁殖場所です。 長さが短い女性は細菌感染を起こしやすいので、注意が必要です。 尿トラブル       人生100年時代といわれるようになってきました。 世界的な長寿大国である日本において、 すべての人が元気に活躍し続けられる社会、 安心して暮らすことのできる社会を つくることが重要な課題であり、 そのために3つの柱である 「食事」「運動」「睡眠・休養」のすべてを バランス良く取り入れていくことが求められています。   食事・運動・睡眠・休養   あなたは「健康」について誰からアドバイスを受けたいですか? 健康管理士   健康寿命(生涯現役)を延ばす生活習慣を目指しましょう!   資料:日本成人病予防協会「ほすぴ」   お問い合わせ・ご予約は TEL:0120-967-984 メール ⇒ お問い合せ・ご予約ページ ホームページ https://www.healthykoubou.com/ 合格ヘルシー幸房合格 ・香川県さぬき市寒川町神前2266-1 ・受付時間 10:00~20:00適応障害  
>> 続きを読む

水分排泄~尿ってなんだろう?③腎臓にトラブルが・・・ (Mon, 23 May 2022)
◎健康管理士(上級指導員)・認定エステティシャン・美容整体師 ・ダイエットカウンセラー(認定講師) ・ハンドセラピーインストラクター ・セラピストの横山です。   水分排泄~尿ってなんだろう?③腎臓にトラブルが・・・ 腎不全・尿毒症   【腎臓にトラブルが起こったら・・・】 もしも、腎臓になんらかのトラブルが起こって働きが弱まると、体液の成分量に偏りが生じてきます。 本来であれば排出されないタンパク質などの栄養分が尿に出て行ったり、逆に、出て行くはずの水やカリウムや老廃物が体内に とどまったりしてしまいます。 そうして腎臓のトラブルが広い範囲に及んで働きが著しく落ちた状態が腎不全で、人工透析が必要になります。 また、腎不全が進んで、老廃物が体内にたくさん残ってしまう状態が尿毒症です。   ◎腎不全 腎不全は、腎臓がその働きを全うできなくなった状態です。 そのために、老廃物を出したり、水分や電解質を調整したり、ホルモンをつくるという働きが十分にできなくなります。 腎不全は、短期間のうちに急激に腎臓の働きが弱まる急性腎不全と数カ月から数年、数十年をかけて徐々に弱まっていく慢性腎不全とに分けられます。   ◎尿毒症 慢性腎不全の末期や急性腎不全で腎臓の働きが極端に落ちたために、尿中に排泄されなければならない老廃物が体の中にたまった状態を尿毒症といいます。 腎不全・尿毒症       人生100年時代といわれるようになってきました。 世界的な長寿大国である日本において、 すべての人が元気に活躍し続けられる社会、 安心して暮らすことのできる社会を つくることが重要な課題であり、 そのために3つの柱である 「食事」「運動」「睡眠・休養」のすべてを バランス良く取り入れていくことが求められています。   食事・運動・睡眠・休養   あなたは「健康」について誰からアドバイスを受けたいですか? 健康管理士   健康寿命(生涯現役)を延ばす生活習慣を目指しましょう!   資料:日本成人病予防協会「ほすぴ」   お問い合わせ・ご予約は TEL:0120-967-984 メール ⇒ お問い合せ・ご予約ページ ホームページ https://www.healthykoubou.com/ 合格ヘルシー幸房合格 ・香川県さぬき市寒川町神前2266-1 ・受付時間 10:00~20:00適応障害  
>> 続きを読む